オーリーの日記 雑貨屋マカロンTVブログ HOME 雑貨屋へ行く クリエーター ギャラリー お買い物 オーリーの日記 SITE MAP

MacaronTV blog

雑貨屋、Cafe、本屋、花屋、インテリアなどの名古屋のSHOP、クリエーターを紹介する雑貨屋マカロンTVの管理人オーリィのブログ。現在は育児奮闘中。ドタバタな毎日を記録。

<< ケイトン頑張るの巻 :: main :: 東北地方太平洋沖地震から1週間 >>

イヤイヤ時期の再来

chisato.jpg
たっくさんのお祝いコメントありがとうございます(゚ーÅ) ホロリ
すごくすごく嬉しい気持ちでいっぱい★です。これは、知里の誕生の記念に、大事に保存させてもらお♪♪

出産からあっという間に1週間が経ちました。実家に帰ってみると・・・
ケイトンのイヤイヤ&ダメダメ時期の再来( ̄Д ̄;) ガーン
覚悟はしていたものの、かなり手怖い子怪獣ケイトン。
知里には優しいケイトン。知里が泣いていても、そのままほかってケイトンの相手をしていると、「赤ちゃん泣いてるから、ママおっぱいやって。」と言ったり、音の鳴る人形であやしてくれたり。とりあえずこれには、とりあえず助かりました。
でも、ほとんど教えてくれる様になっていたトイレでの用たしは、出来なくなっていた。入院中、じぃじやばぁばとも行ける様になっていたらしいのだけど、私が帰ってきたら私とじゃないとトイレに行かない。私は付き添うが、長時間寒いトイレで粘り最終的には出ない・・。前までなら、「残念、またこようね。」と言っていられたけれど、まだ数日しかたっていない産後の身体には、この寒さや待つ時間が痛くしみた。しまいには私からオムツでしていいよ。なんて言っちゃった。
ご飯の時、遊ぶ時、眠るときなど一日中ほとんど、いつも”ばぁばイヤ、じぃじダメ、ばぁばこないで”などという言葉を連発し、寄せ付けない。父は、うまく流すが、母には厳しいらしい。ワガママいい放題。はじめはお互いに苦笑いで済んでいたけれど、だんだん母にも疲れの色が。こないでっていわれると何もできないのよ。そういわれると私がするしかない。
私にはいいけど、お世話になっている身で、ぬぁんてことをーーー!(; ̄□ ̄A アセアセ
優しく接してくれているのに、暴言を吐きまくり、なにかと嫌がるケイトン。母との会話をきいていてその後の顔を見ていると、私もほかっておくことが出来ず、昼間も2.3時間以外はほとんど起きて知里の頻繁なる授乳やオムツ替えに加え、ケイトンの相手をしている状態。
今は、知里への授乳がどうにか落ち着いてきて、彼も眠ってくれるようになったからその分少し楽になったけれど。
ケイトンは自分が眠ると、その間に私がいなくなってしまうのではないかと思っているらしく、なかなか寝ないで夜も12時近くまで起きている日々が続いた。
私もへとへとになりかけていた頃に、相方くんが高山に来てくれた。
すっかり人の変わったケイトンの様子を知らせてはいたものの、
「結構、思っていたより手ごわいケイトンだねー。」と笑って言った。
「でしょう?(^▽^;)」
ケイトンが寂しいからだろうと、みんなが優しく気を遣って接するから、どんどん怪獣ケイトンは大きく膨らみ強さを増していくヾ(。`Д´。)ノ彡!!・・・

1日の滞在で帰って行く相方くん。
ケイトンは、相方に抱っこされ「ケイトンもパパとオチゴトにいくぅ〜!パパといっちょにおべんとたべるぅ〜(/□≦、)エーン!!エーン!!」と抱っこされたまま暴れて泣き叫ぶ。相方もケイトンとの別れを惜しんでいた。
私は、そんなケイトンを見ていたら泣けてきた。涙がホロホロと止まらない。
「ケイトン、ママ泣いてるよ。ケイトンがいなくなると寂しいってさ。」
そう言われて、振り返り私を見たケイトン。
すぐに抱かれていた相方から降りてきて、私のところに来た。そして、
「パパ、いってらっしゃい。オチゴトがんばってね。」
そう言って、笑顔で相方を見送った。

それから何日も経っていないけど、彼なりに葛藤しながらいろんなことを順調にこなして、私や両親へのアタリも少し柔らかくなった。
そして、あの夜から私に「ケイトン、ママをおいてかないで。ママさみちいから。って言って。」と強制するようになり、それを私が言うと「だいじょうぶ。ケイトン、ママのいちばんちょばにいるから。」
と言うように。
自分がママの傍にいてあげなくちゃという使命感のようなものや、自分が必要とされているといったことを強く意識したんだろうな。
確実に、少しづつではあるけど、ケイトン変わってきてる。

毎日何度も、あの日言った「ケイトン、ママをおいてかないで。ママさみちいから。って言って。」と言われ、言わされているのだけど。
(● ̄▽ ̄●;)

うんうん、ケイトン。ママはあなたがいないと寂しいし、きっとすごくつまらないわ(笑)
産後の身体に鞭打って、かぁちゃんがんばるよ。・゚((T◇T゚)゚・。 
や、やすみてー!!(笑)

写真は、パンダの子守りをするケイトン↓
keito.jpg
comments (10)

Comments

まぁみ :: 2011/03/08 09:38 AM
おめでとう!!!!!!!!!
そして、心配して電話くれたみたいでありがとう。
あの恐怖から、そしてなれない避難生活から逃げ、今日本です。

無事です。けがひとつ無く元気です。本当にラッキーでこの与えられた命、何かに役立たせないといけないですね。

身体の方は大丈夫?
無理しないでっていっても大変だよね。身体に気をつけて頑張ってください。
本当に心配お掛けしました。
おやつ部長 :: 2011/03/08 12:30 PM
遅ればせながらおめでとうございます。
こどもさんはどこのおうちも一緒なんですねえ。
甥っ子が生まれるときに姪っ子(当時3歳くらい)を預かっていたのですが、
姪っ子が泣いていたのを覚えています。
そんな姪っ子もいまやミニスカートの高校生でして、
泣くどころか「別に」とか言われます。
ケイトンにもいずれそんな思春期がきます。
楽しみですね。
あーこ。 :: 2011/03/08 07:48 PM
おお、ちびスリングかわいらしいですね!
しかしやっぱり産まれてみると、子どもながらに戸惑いの部分もあるのですね。 うちの友達は産後里帰りせずに上の子が1歳10ヶ月で2人目を出産するようですが、大丈夫かなあと今から心配です。

新生児の無表情な感じ懐かしいですねー 男の子らしくてすごくかわいい!

お近くだったらぜひとも愛でに行きたかったです。笑

しかし、もう2人ともすっごくかわいいなぁ。笑 2人目ができたときは2人育児先輩ママさんとしていろいろご指導よろしくお願いします!
terry :: 2011/03/09 12:46 AM
怪獣ケイトン手強いね〜。もうすぐ我が身だと思うと怖くなったよ…。
でも知里くんには優しいみたいだらよかったね
ケイトンは私からすれば優しくて賢い子だからきっとすぐに落ち着くよ

知里くんの寝顔、ケイトンに似てるね。

大変だと思うけどオーリーも身体大事にしてね。
まちゃみ :: 2011/03/09 03:56 AM
おめでとさーん。
知里くん、ようこそこの世界へ!

出産はうまくいったみたいだね。
ほんとうに大変なのはこれからか?
まずはこの一週間で、はじめの一歩をうけたような気がするねぇ。
産後に休めないのはつらいな。ただでさえ、睡眠不足になるのに…
ケイトンの成長の過程だからガマンか…
オーリーは、onとOFFの切り替えがむっちゃうまそうやから、それでのりきりそうやけど。頑張れかぁーちゃん!
momotaE :: 2011/03/09 07:22 AM
ケイトンの場合は、普通のイヤイヤ期じゃないような…
やっぱりヤキモチから来てるんじゃなぁい?
チサトンはやっぱりケイトンに似てるね〜
おっぱいたくさん出て飲まれてる〜?会えるの楽しみだな♪
金曜日引っ越しだよー。新生活ドッキドだにゃ〜
みつちぁん :: 2011/03/09 07:49 AM
さおりんはお家に帰って来て慌ただしくしているようだね。
ちーちゃん、かわゆすなぁ。
彼はかっちゃん寄りかしら??でも1番左のはさおりん似のようにも思えるし。
ケイトン、ママがいなくて寂しかったのと、今度はちーちゃんに大好きなママとオッパイをとられたようで、まだ2歳児には切り替えと理解をするのは難しいよね。
こちらもまだ2歳だからと分かりつつも、色んな無茶苦茶なことしてくれるからつい怒ってしまうんだよね。
なかなかゆっくり休んでられないか。。
でも無理しすぎないでね
新潟みえどん :: 2011/03/14 10:57 PM
おねえちゃんの大変さがよぉ〜く伝わってきたんだけど、ケイトンの発言に笑ってしまいました(><)
チサトンにママを独占されているように感じるのだろうね。
だから、ちょっとわがままを言って、自分もかまってもらいたいんだろうね。
でもケイトンは、お兄ちゃんなんだからママを困らせちゃダメだ!ってわかっていると思うよ。
弟と保育園に通っていた時に、弟が泣くといつも呼び出されていたけど、本当は自分も泣きたかったよ。
おねえちゃんだからしっかりしなくてはいけないっていう気持ちがその時にあったからね。
それを覚えているっていうのも不思議だけど・・・。
だから、ケイトンも今は、必死にお兄ちゃんとして頑張っているんだよ☆
ケイトン、がんばれ〜♪
ママも負けずに、ファイトー♪
エリナ :: 2011/03/15 04:56 PM
母ちゃん、頑張ってるね!!!

身軽な私ですら、怪獣の相手でクタクタになっているのに(笑)、乳飲み子を抱えて怪獣の相手・・・尊敬します(^^;

本当にいろいろ理解して、いろいろ考えた上でのワガママになってきてるのがわかるよね。

成長感じて嬉しいけど、やっぱり毎回マジギレしてしまう自分の未熟さに反省します(笑)
美歩 :: 2011/04/04 04:16 PM
『母のちから』というネーミング
ママが母乳をとおして、赤ちゃんを守る力。
母乳を通して愛が伝わるように。
そして母乳を与えるママ達の手助けをするという意味で名付けました。
http://www.baro.jp/

Comment Form