オーリーの日記 雑貨屋マカロンTVブログ HOME 雑貨屋へ行く クリエーター ギャラリー お買い物 オーリーの日記 SITE MAP

MacaronTV blog

雑貨屋、Cafe、本屋、花屋、インテリアなどの名古屋のSHOP、クリエーターを紹介する雑貨屋マカロンTVの管理人オーリィのブログ。現在は育児奮闘中。ドタバタな毎日を記録。

<< 電圧変換機にふりまわされた出発 ドイツ :: main :: 男前豆腐 >>

リューデスハイム ドイツ3

ツアー参加者は15名の老若男女。全国各地から集まっていた。
上は70歳代の年配のご夫婦。次に60代50代40代30代20代と続き、まるで大家族のようで、私としては興味深い設定になっていた。
移動は全て貸切のバスで行い、運転手さんはドイツの方で、俳優にいそうな感じのヴァーナーさん推定40代後半、コンダクターは日本人の「わからない事は何でも聞いて風」のベテランっぽい30代前半の女性だった。

ドイツの季節は日本と同じ夏。
今の時期、朝晩は気温がぐんと下がるけど日中は25℃〜30℃くらいまで上昇するらしい。これから5日間、晴れるといいな。

今日は早起き。朝食バイキングをam6:00に食し、am7:30にホテルを出発してバスで1時間ほど走り、ライン川クルーズの出発点リュデスハイムへ向かう。気温は15℃。ちょっと肌寒かったけれど、昼には暑くなりますよというコンダクターさんの言葉を信じて、夏服で出かける。

リューデスハイム:最高級ワインの産地として有名なラインガウ地方の町。

乗船の時間まで30分時間があるから、近くの「ドロッセル・ガッセ(つぐみ横丁)」を自由に散歩していいとバスの中で案内があった。やっほいやっほい(^∀^)これから、旅が始まるのね〜。

つぐみ横丁.jpg

到着し、バスから降りると寒い。ガタガタ、ブルブル。長袖もってくれば良かったかな・・。ワクワクドキドキしているから興奮して多少体温も上がっているはずだけど、それでもちょっとプールに長く入っていすぎた時になるような唇の震えが出ていた。でも、早くつぐみ横丁に行きたくてそのことは我慢することにした〜。

入り口.jpg

つぐみ横丁は細い小道がいくつもに分かれていて、両側にワインの飲めるレストラン、BAR、お土産ショップが軒を連ねている。店先に架けられている看板も1つ1つに目が止まってしまうくらいカワイイ!

鉄の看板.jpg

朝が早すぎてお店はどこもしまってる(`д´)
でも、建物が絵本の中の世界のようで、街もゴミ一つなくキレイで感激。ああ、ドイツにいるんだぁ〜と早くもしみじみと実感(涙)

横丁のホテル.jpg

車がキレイに駐車されていて、これまた感心。当然のことなんだけど、ドイツ車のベンツ、BMW、、ワーゲン、Opel(オペル)、Ford(フォード)、Audi(アウディ)といった日本では高級車といわれる車たちが、これでもかと言うくらい走っている。フツーにおばさんや若いおねえさんも常用で乗っているわけで、駐車場にもその車たちのオンパレードで、ドキドキしてしまった。

次は「ライン川クルーズでの出会い」・・・・・・・・・・・・・・・・・・
-