オーリーの日記 雑貨屋マカロンTVブログ HOME 雑貨屋へ行く クリエーター ギャラリー お買い物 オーリーの日記 SITE MAP

MacaronTV blog

雑貨屋、Cafe、本屋、花屋、インテリアなどの名古屋のSHOP、クリエーターを紹介する雑貨屋マカロンTVの管理人オーリィのブログ。現在は育児奮闘中。ドタバタな毎日を記録。

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ケイトンのがんばり

2012 春.jpg

ケイトン、幼稚園への登園6日目。雨が降りました。
理由があって、幼稚園バスの乗り場までは、ケイトンの足で歩いて10分くらいのところまで行かなくてはなりません。
「雨だから、ケイトン行きたくないな・・。」
ポツリとつぶやいた。
それでも、今日も笑顔でバスに乗り込んで行った。帰りも笑って帰宅。

夜になり、先に眠ったちいちゃんを横に、布団へ二人で潜り込む。

ケイトン「ケイトン、何日も頑張ってひとりで幼稚園に行かないかん。」

口をへの字にして、涙をポロポロと流すケイトン。

ケイトン「あしたは、ママも一緒にバスに乗ろうよ。」
オーリー「いいよー、一緒にバスに乗っちゃおうかな。大人も乗れるんかな。」
ケイトン「うん・・・。」

ケイトン「あしたは、幼稚園おやすみですって、せんせいが言ってた。」
オーリー「そうなのかー。ママ、幼稚園で歌とか歌いたいから行こうと思ってたのになぁ。残念やー。」

ケイトン「ママ、ギュウして。」
オーリー「ケイトン、家でも園でも、悲しくなったり、寂しくなったら泣いていいんだよ。」


…ちいちゃんのオムツとおしり拭きを買いに行かなくちゃ…と最近言っていた私。
私が買い物リストを彼に伝えると、それをいつもちゃんと覚えておいて、外出した時には「ママ、○○買っていかなくちゃ。」と教えてくれる。
それを、今日はケイトンが幼稚園に行っている間に買いに行ってきた。
ケイトンが家に帰ると、玄関にオムツとおしり拭きがドサッと置いてあった。それを見て、
「買い物、もう行ってきたの?」
「うん、ケイトンが幼稚園に行ってる間に行ってきたんだー。」

そう私が答えた後のケイトンの顔が、私の頭に残った。
ショックだったみたいなんだ。いつも一緒に買い物に行って、お手伝いもしたりしてたのに、今日は自分の知らない間に行っちゃった。みたいな。それもあって、今日は、彼の頑張っていた緊張の糸が切れた。と、思う。

出来る限り穏やかに、ゆっくりケイトンの話を聞いて、受け止めながら、でも暗くならないように話をした。

オーリー「ママ、ケイトンを公園で送った後、帰らずにずっと公園にいてケイトンを待ってる。」
ケイトン「ほんと?」
オーリー「うん、公園にいるね。」
ケイトン「・・・。」
オーリー「明日、バスに乗る時に寂しくなったら、今みたいにギュウってママとしよう。そしたらきっと寂しくなくなるよ。」
ケイトン「うん。。。」

ケイトン涙は流れる。鼻水も流れる。

しばらく黙った後、
ケイトン「ママ、公園で待ってて。ぼく、がんばってひとりで幼稚園にいきます。」
そんなふうに言った。

彼の決意だと思った。
だから私も、「わかりました。」とだけ答えた。

ケイトンのがんばり.jpg

何も考えていなかったわけではなくて、一緒にバスに乗るお友達が、泣いて嫌がっている時も、バスの中で私に手を振っている時も、朝制服に着替えている時も、歩いて公園に行く時も、ケイトンなりに感じて、なんだかわからない孤独感と闘っていたのだと、思った。

自分で涙を拭いて眠っていった彼の頭を撫でながら、ジーンとなった。

母からの贈り物.jpg

そんなケイトンにエールを送る意味で、今日、五月人形を飾りました。

これは実家の母が、ケイトンが生まれた年から、一体ずつ作ってくれて、3体に増えた人形達です。
今年は、屏風と漆塗りの台をいただきました(^0^)アリガトー!

「ケイトンとチイちゃんが、元気でたくましく育ってくれますように」
と、願いを込めて作られたこの人形達が、どうか今のケイトンの力となり、そっと背中を押してくれますように。。。
comments (12)

入園式&初登園 そして2日目

入園式.jpg

入園式が4月早々にあり、行ってきました〜。
制服を着ると、なんだか可愛い♪(親バカ)
担任の先生は、園でも人気の大当たりの先生みたい。「すごくいい先生。あの先生に任せとけば、なんの心配もないよーっ。」て在園児の父兄の方に言われました。
すごく有り難い〜(´∀`)

入園式は、みんなお母さんの膝の上に座って、園長先生のお話と、先生の紹介と、手遊びと、人形劇。そして教室で先生にシールを貼ってもらったり、頭をなでてもらったりしてから、記念撮影でした。ケイトンは緊張もせずに過ごせたからよかった。お祝いに園からケーキをもらえたのだけど、ケイトン初めてプレートのチョコを食べました。それもあってか、超ご機嫌☆

そして、一日おやすみがあって

初登園。

初登園.jpg

ケイトンは、バスに乗って登園します。
泣くかな〜って心配したけど、大腕ブンブンふって、「いってきま〜っす。」って。バスに一緒に乗った子達みーんな泣かずに出発してゆきました。えらいもんです。

2時間したら、もうお迎えの時間。
行ったと思ったらすぐ帰ってくるのね(笑)

「ママーっ!」
みーんな笑顔、笑顔、笑顔。ケイトンも元気に行ってきました。

園でもらったビスケット一枚を、半分は自分で食べて、のこり半分を私にと、持って帰ってきてくれました。
2日目も、もらったお菓子を半分、大事そうに持って帰ってきた。
ありがとね、ケイトン。

夕方に担任の先生から、園での様子の伝達と、家でのケイトンの様子を伺う電話があった。

そこで判明。私がもらったお菓子、園で全部食べてお家には持って帰っちゃダメなんだって。「ケイトくん、これをママにあげるんだっていって。私も今日はちゃんと説明が出来なかったので、半分に折って持たせましたが。ママからケイトくんが全部食べていいんだって伝えてあげてください。」
って言われたから、ケイトンに嬉しかった気持ちをいっぱい伝えてから、そう伝えた。

「そうなんだ・・・。うん、わかった。」そう答えたケイトン。

3日目、明日はお菓子どうかな。たべてこーい。
comments (14)

サヨナラショー

ケイトンね、病院に会いにきて帰って行く時、泣いてめちゃくちゃ可愛いの。

ケイトンが帰る時に廊下を歩き出すと、
「ケイトン、さみしいよ。ママも一緒に帰ろうよ。」
「明日は1人でもいいから、今日はママとがいい。」
と、口をへの字にして、目に溢れそうなの涙をいっぱいためながら話し出す。
ある日は、
「ママ、また来るからね。すぐ来るからね。」
って泣きながらではあったけど頑張って耐えて、じいじとばあばに手をひかれて行ったのに、見えなくなったかくらいのところで、手を振りほどいて、廊下を走って「ママー!」と抱きついてきた。お前さんは『平成版 三丁目の夕日』かいっ( ̄▽ ̄)

小児科の病室がいっぱいで、内科のすぐ向かいの一部屋だったんだけど、私は皆さんに申し訳なくて頭を何度も下げながらケイトンと話す。
「ママの勇気をケイトンに分けてあげる。だから大丈夫。さみしくないよ。」
「うぅぅー(;_;)ママの魔法は、すぐきれちゃうもん、勇気どっかにいっちゃって、ケイトン探せないー。うぅぅ。」
ケイトンの声が大きいから、看護師さんとか患者さんが、笑顔で廊下に出てきたりして、私達のサヨナラショーを、毎回見届けてくれてたよ(笑)
中には、ケイトンのもらい泣きしてるおばあちゃんも。

確かに、ただ泣きわめくって感じじゃなくて、我慢してるけど、耐えられないってのが伝わるから、こっちもたまらない。
たまに離れるとケイトンもめちゃくちゃ可愛く見えるわー(笑)

「毎日違うサヨナラが楽しみで。」
「あんな風に言われたら、親はたまらないわね。」
「髪型が最高だねぇ。」
昭和チックに前髪をパッツンと切ったのが、意外にも好評( ̄▽ ̄)
みなさんにいろんな声をかけてもらい、娘や孫の話等を聞かせて頂き、ちいちゃんの入院で思いもよらない展開に。

そんなちいちゃんの入院もまもなく終わりそうです。
comments (12)

3才9ヶ月

ケイトンー3才9ヶ月

3sai9.jpg

身長ー103cm
体重ー17.7kg
靴の大きさー17cm

●;好きな遊び
石集め、車、電車、ブランコ、シーソー、鉄棒、葉っぱ拾い、お店屋さんごっこ、おりがみ、ねんど、かるた、お絵かき

1.origami.jpg

好きな遊びが増えてきた。だから、寝る時も、「もっと遊びたい〜!夜さんがくるのが早すぎる〜!」あれもこれもと言って寝てゆく。毎日、起きてから寝るまで忙しそう。

●太陽さんの虹

taiyouno-niji.jpg

家の中の壁に、何かに反射して映った光の円を見て「見て〜ママー、太陽さんの虹だぁー。」って。
子供って詩人だよなぁ。幸せが増える、いい感性してる。だから、楽しい毎日が送れるんだね。小さな幸せを見落とさないように見習いたいな。。

●少し前まで、家の中の結露がひどくて。もっぱら除湿作業はケイトンの仕事。朝も昼も夜も気づいたらやってくれるから、大変助かりました。

madofuki.jpg

●子供ができる前に購入していた、NHK教育の「にほんごであそぼ」のかるた。

karuta.jpg

ようやくお目見え。内容は大人の私でも聞き慣れないくらいの、ことわざや小説の一節だったりするのだけど、ケイトンと頻繁に遊んでます。何だか嬉しい〜!
ちいちゃんが、そんな2人が遊ぶカルタをハイハイで蹴散らして行くー( ̄▽ ̄)


●ケイトンとの「にらめっこ」は、いつも私が負ける

niramekko.jpg

●ケイトンと仲良くしていると、必ず割って入ってくる次男坊。

nanda.jpg


●実験の途中経過

shinkansen.jpg

描き出しました。しかーも、よく見て描写してる。描いているのは新幹線。

ねんどで制作 「犬」

inu.jpg

色鉛筆を二本ずつ持って何やら書いているから、これなぁに?って聞いた。
「これがじぃじ、これがばぁば、これがパパで、これがママとちいちゃん。」顔らしきものは見受けられないのだけど、色が2色ずつ替えて塗られている。
どうやら人のイメージを、色2色で表現したみたい。じぃじは緑と黄土色、ばぁばはグレーとピンク、パパは水色とオレンジ、私は赤と黄色、ちいちゃんは青と黄緑といった風に。
おもしろ〜い。
こうやってケイトンのお絵描きは始まりました。
小さい彼らにとっては、文字も図形。絵や写真と同じように記憶する。だから絵と時同じくして、ひらがなやカタカナやアルファベットも少しずつ書き出しました。はじめは象形文字みたいだったのが、だいぶ上手に書けるようになってきました。くもりガラスを見つけると、すぐに文字を書きだす。お金がかからなくていいわ〜どれだけでもどうぞ。(笑)

iro.jpg


●名古屋にも雪が積もった日が2日ほどありました。

yuki.jpg

朝早くに車マの雪を払いにいった。ケイトン嬉しそう。めっちゃいい顔してるな〜

●最近は、2人で仲良く遊んでいるのを目にするようになった。ケイトンは、大人がいない時の方がちいちゃんに優しいんだ。ちいちゃんと同じハイハイして先導してあげ、キャッキャッとついていくちいちゃん。ちいちゃんはイジメられても、ケイトンが大好きの様子。そういうもんなんだね兄弟って。
futari.jpg
comments (6)

実験

自分の仕事がデザインの分野なこともあり、ケイトンとあれやこれやと作ったりすることが楽しいのだけど、ケイトンが絵を描く時に、横で私が色を選んでいろいろ描くことをしないようにしているんだ。これは、私がずっとやってみたいと思ってた実験。
ケイトンが、私の真似をして描くのではなくて、彼自身の目で見たモノをどんな風にとらえて描き出し、どんな色を選んでいくのかを見てみたくて。
スケッチブックと色鉛筆は、いつでも書けるように置いておいて、時を待つ。
ケイトンはずっとマルや直線や点で抽象画(笑)を描いていたけど(直線をたくさん書いて、「ひもーひもーひもー。」と言ってたりしてたな。)最近になって、少しずつ顔や大好きなクルマなどを描き出した。私は一緒に描きたいのを抑えて、ケイトンが描くモノを見守る。
「ママ、バナナをかいてー。」
と言われた時も、
「いいよ〜。バナナってどんなカタチだったっけー。」
「えーっとねー、おつきさまみたいだよ。みぎに曲ってる。」と身振り手振りで教えてくる。
右って…(≧∇≦)と笑いたいのをこらえつつ、
「じゃあさ、色はどんないろだったかな。お月様みたいなバナナは一本でいい?お店屋さんから買ってきたバナナ書こっか。いくつかくっついたやつ。どこがくっついてたっけ。」
と、まるで犯人の似顔絵を描く人ように、ケイトンの記憶をたよりに言われたままに描く。
出来上がりは、そんな風ではないな( ̄▽ ̄)というのになったりするけど、あえて教えたり直さない。

これは良くないことなのかもしれないけど、今は実験中。自分の子供だからできるコト。
すぐに子供っていろんなことを聞いてくるんだけど、モノを見てとらえることは、私に聞かなくてもできるコトだと思うから、そのへんは普段から自分でジックリ見て記憶して欲しいとも思って。
ただ、それをカタチに表現するのは難しいから、出来るか出来ないかは別として、出来なくてもその過程を少しゆっくり見守りたいな。
せっかくママがその分野が得意なのに、ケイトンのやる気を完全なる自主性に任せてしまうのはもったいない気もするけど、そこはあえて私のコピーをして欲しくなくて。私も口や手を出したら、この分野は止まらないと思うから(笑)
だって、最近レストランごっこをケイトンとよくするけど、私はきまってお客さんの役なのだけど、別顔で接客マナーのトレーナーとしては、ケイトンの接客を見逃せず、かなりうるさく指導をしてしまう自分がいる(笑)
comments (10)

下がりました

朝になったら、ケイトン熱が下がりました。
まだ油断はできませんが、ひとまず一安心です。
ビックリするなぁ〜もう(;´Д`A
comments (8)

そらきた

一人元気だったケイトンが発熱しました。
39.5度。
うちの子達は、病院が休診の週末に発熱するなぁ。てかケイトンがいつもそうなんですけど。

しばらく様子見です。
comments (4)

靴洗い

ケイトンに初めて自分の靴を洗わせてみた。
お風呂に入った時に、洗い方を教えて、ゴシゴシと。
「ほら〜、見てー!色のついたお水が出てきたよ。
これがバイキンだ( ̄▽ ̄)。しっかり洗いたまえ。」
すくに飽きるかと思いきや、意外にも一生懸命洗うケイトン。何度も洗剤をかけてブクブクとやっております。
「ママ見てー。色がついた水でてきたよー。」
それは白いから、石鹸の色ですけどね。
「うわっ、ほんとだぁ。ケイトン洗うの上手だねぇ。バイキンさん達が、あ〜れ〜〜って逃げていってるもん。靴の中だけじゃなくて、横とか前とかうしろも洗ってみよ〜!」
脇目もふらず、必死にこすりまくる。
ケイト「ママー、もうバイキンさんいなくなったよ。ほら、もうくつの下の絵が見えるもん。」
それは、もう水がはけていったからなんですけどね、ま、ヨシとしましょう。
ケイト「おふろはいる時に、いっこずつ(靴を)あらってくー。」

いい感じで靴洗いを終えたと思ったのですが、それからというもの、外に出た時にわざわざ靴に砂をかけたり水溜りに入ったりして、洗い甲斐のある靴に仕上げているのを見ることになろうとは。誰か彼を止めてください( ̄◇ ̄;)
comments (6)

なんちゃってカーズ

なんちゃってカーズ.jpg

流行りの”カーズ”のミニカーを欲しがる息子。与えずして満足させる為に、家にあるミニカーに目を書いた。
ケイトン、喜んだ、喜んだ。
しかし毎日、「これにも目を付けて!」とせがまれる(=_=;)

「ママが、洗い物終わったら目をつけてくれるからね、ここで一列に並んで待っててね。」
と、ミニカーに話しかけながら長蛇の列をつくる。

わたしが、「あー疲れたので、今日はここまで。」
と言うと、
「ミニカーさんたち、朝から並んでいたから、もう少しだけ頑張って。」
などど、アイドルがサインを書くことに疲れて投げ出したのを、なだめるマネージャーみたいなこと言ったりしてさ。

なんちゃってカーズが、どんどん増える我が家。
comments (14)

この思い届け(3才2ヶ月)

こ憎たらしい顔.jpgケイトン3才2ヶ月

身長ー98cm
体重ー 16.3キロ
足の大きさー17cm
おむつーbigサイズ トイレでうんちもおしっこも出来るが、オムツやパンツのなかでも出来る(笑)一進一退の日々
言葉ーよくしゃべる
表情ークルクルと変わる。表情豊かになってきた。
お気に入りー カーズ、トミカ、粘土遊び、ママのお手伝い、ちいちゃんいじり、かき氷、すいか、うどん


ケイトンとのバトルの日々続行中。たまにめげそうになる時もあるけど、スーパーとかで、おんなじようなコト言ってるママさんがいたりするから、励まされる日々。
ケイトンが小さい時は、いろんなコトが出来なくても、知らないからだと腹も立たなかったけど、今はすでにわかっているだろう事柄に関しても、ケイトンがやらなかったり、できなかったりの時が多いから、その「オイオイまたですかい。」と呆れるというよりは、怒りになってしまう。その時のケイトン言動にカチンときてしまう。
コドモは、何回も出来たり出来なかったりを繰り返していくのにね。
1番困るのが、こちらが真剣に訴えているにもかかわらず、何も反応してこない時。
これは、私がヒトリにされる感が否めない。
もしもーし、きいてまっかー?ミミついてまっかー?( ̄◇ ̄;)と言わざるをえないのです。
何度も同じことをしでかすと、モーモーモーモーと牛のようになり、
こんな小さな子に、「考えればこうなることはわかるでしょ。もっとこうしたらどうなるか考えながら行動しなさい。」なんて、難しいこともいっちゃたりも。
ハァー、自己嫌悪。ごめんな、ケイトン。でも、甘やかしてばかりいては彼の為にならないと思ってるから、ついこのくらいできるでしょっていっちゃうんだよねぇ。
ついこの前のこと。
風呂から上がったら、自分でオムツと服を着るようにさせているのだけど、毎回なかなかこれがスムーズにできない。いつまでも裸ん坊でウロウロ。遊びが優先になっちゃってる。いつも追いかけ回して完了するパターン。いい加減言うのも嫌なんだけど、先日は「ママが着させてよ。」って言われて、「いいよ、持っておいで。」って言って着させたら、嬉しそうな顔して「ママ、やさしい。。」だって。
わいは、いつだって優しいんじゃい。だれがこんな私にしたと思っとんじゃい!(笑)
まぁ、ドキッとしました。こんなことで、声を張り上げんでも確かにいいよなぁ。
なるべくワンパターン化しないように、わかりやすい言葉で叱ってるつもりなんやけど、やっぱり叱る時は大きな声で、早口で、上から目線で叱っちゃってるよな。よーし、そこは直そう。
だから君も、もうちょっと頑張ってくれることを切に願う。この思い、ケイトンに届け!!
続きを読む>>
comments (8)

3才1ヶ月

3歳1ヶ月.jpg

3歳検診に行ってきました。身長…97cm  体重…16kg

検尿があってビックリしましたー(;☉ฺд☉ฺ)
「はいっ。トイレでとってきてね。」って紙コップを渡され…トイレに行ってみると長蛇の列。
「ケイトン、無理だよね〜。。。どうする?待っている間にでちゃうかもね〜。」なんて言っていたら、
「ケイトン、出来る!」
という。マジっすか〜??と言いながらも、列から外れて洗面所に移動。オムツを下げて、紙コップをセーット!
すると、大成功☆出るわ出るわ。ケイトンのどや顔(# ̄ー ̄#)
すごーい!! やるじゃん、ケイトン♪できるもんだねぇ。

その後、保健所の中を走り回って、汗だくになったところで、歯科検診。
泣いて泣いて大騒ぎ。
身長、体重測定で、オムツ姿になることを恥じらい拒む( ̄□ ̄;)
発達検査で、すべての質問に順調に答え、色を英語で答えて、私の名前をオーリー、相方の名前をかっちゃんとニックネームで答えて
これまたどや顔(# ̄ー ̄#)フフッ
どないやねん。
最後に、歯にフッ素塗ってもらうところで、これまた大騒ぎの大泣き。そして無事に?!終了しました。


●最近のケイトンは、いろんな言葉を使うのだけど、ちょっとだけ違っていたりするのが、まだかわいらしいから残しておこう。
□どういたしまして・・・→どうしましたか
□プレゼント・・・→プゼレント

●相方の口癖「どっちみち〜だから・・・」
私がケイトンによく使う言葉「ちょっと〜。」「ま、いっか。」
この言葉をいろんな言葉にくっつけて使う。
間違いだらけの使い方をしているけれど、それがこれまた面白い。

●大きくなったら何になるの?

「バス停に行って〜、トラックに乗るの。」

●ママのおなかの中にいた時のこと、何か覚えてる?

「覚えとるよ。ちいちゃんがはいっとった。」・・・覚えて無いじゃん(笑)

●毎日何故か言うフレーズ

「パパと〜、ママと〜、ちいちゃん、いつもそばにいてくれてありがとっ。」

●ちいちゃんの扱いが上手になってきた。口からミルクが出てきたら、タオルで拭いてくれたり、泣いていたらあやしてくれたり、お腹にタオルをかけたり、かけなおしたりもする。
ただ、ちいちゃんがぎゃん泣きする時だけは耐えられないらしく、両耳をふさいでいる。

●虫コナーズのCMのおばちゃんの真似をする。

おにいちゃんだもん.jpg
comments (8)

流行り

♪ラーラーララーラララララララー
ラーラーララーラララララー
ラーララーラ ララー しょ〜しゅ〜りき〜♪

めっちゃ美声の小さな男の子が熱唱する、『消臭力』という消臭剤のCM。

ケイトン、真似してうたう( ̄O ̄)

負けじと私も声を張って歌う( ̄▽ ̄)(笑)
comments (10)