オーリーの日記 雑貨屋マカロンTVブログ HOME 雑貨屋へ行く クリエーター ギャラリー お買い物 オーリーの日記 SITE MAP

MacaronTV blog

雑貨屋、Cafe、本屋、花屋、インテリアなどの名古屋のSHOP、クリエーターを紹介する雑貨屋マカロンTVの管理人オーリィのブログ。現在は育児奮闘中。ドタバタな毎日を記録。

<< July 2008 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

母乳で育てるということ(5)

スペシャルブレンドミルク.jpg

ミルクや母乳について何かを否定するわけでも、勧めたりするわけでもないけれど、初めて直面したこのチビを育てるアイテムについて、いろいろと知り学んで私の中で一つの気持ちが固まった。

幸い、今のところ私も景都も体調が良くて、需要と供給が成り立っている。
今の私の母乳は、期間限定で景都の為だけに作られる、言わば 「景都オリジナルブレンドミルク」。

私の摂る食事によって、体調によって、気持ちによって、日に日に味も変わる。
どこのお店に買いに行くわけでもなく、免疫が備わった栄養満点のスペシャルドリンクを、私自身の体の中で製造して、私の身体を介して直接与えることが出来るなんて、なんてすごくて素敵なこと♪

このミルクが自然に作られる限り、彼へ飲ませてあげたいと思った。
comments (8)

泣き声の聞き分け

赤ちゃんの泣き声.jpg

誕生してから1ヶ月程たって、景都の泣き方やしぐさで、だいたいどうしたいのか聞き分けることが出来るようになりました。

海外で生活する友達のまぁみが、昨日ちょうどそのことをコメントに入れてくれたので紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Oprah(アメリカの有名人)の番組でやっていた、すごく耳の良い女性の赤ちゃんの泣き方で何がほしいかわかる講座をやっていたので、ここに乗せておきます。
生まれてからこの泣き方に母親が気づけば、赤ちゃんはしばらく同じ方法で意思の疎通をするらしいです。どういう風に泣いているかで、見分けてね。

Neh→Hungry(お腹がすいた)
Owh→Sleepy(眠い)
Heh→Discomfort(不快)
Eair→Lower Gas(ガス)
Eh→Burp(ゲップ)

本当に不思議でそれに対応すれば赤ちゃんがすぐに泣きやみます!やってみてねん!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、ゲップは気づかなかったけれど、あとの4つは聞き分けられてました。
確かにゲップの前に泣く時がありました。これがわかれば、その時にはおっぱいくわえさせない方がいいもんね。

本当にちゃんとなき方が違うよ(^u^)
これが自然にわかるようになってから自分もずいぶん楽になったし、母にも”今はおならを頑張って出そうとしているから、抱かない方がチビも楽みたい”とか言える様になった。
ただ、あんまり要求がわかりすぎて対応できるから、泣くことが少なくなった景都。泣くことも運動だからと、どうしてほしいかがわかっても、わざわざそのままにしておくくらい(笑)

赤ちゃんが泣いているのって、不快じゃないよ。
夜に景都が泣くと二人っきりの時間が持てて、嬉しいもの♪

こう思えるのは、実家でご飯の買い物準備や、洗濯などの家事をしてもらえるから、景都の泣き声を聞き分けられるくらいゆっくり向き合える環境を作ってもらえてるからなんだよね。
名古屋に帰ったら、いつもいつも景都とゆっくりというわけにはいかないよね。
高山にいた間、チビのことでは新しい発見ばかりで楽しんでいたけれど、母親とのバトルで悩んだ。
けれど、こういう環境を作ってもらえて、どんなに言い合っても景都を可愛がってくれた母には大感謝です。ありがとね、お母さん★
comments (6)

母乳で育てるということ(4)

Mt.Fuji.jpg
口の形がまるで富士山のようで、見るたびにMt.Fujiが目に浮かぶ(^u^)

昨日くらいから景都は、赤ちゃん特有の「おんぎゃ〜おんぎゃ〜」と泣かなくなった。
3、4ヶ月くらいで「おんぎゃー」とは泣かなくなるよと聞いていたけれど、まさかこんなに早く終わるなんて〜!!この赤ちゃん泣きがあまりにも可愛くて、しばらくそのまま泣いているのを見ていたりしてたくらいなのにー・・・もっと味わっていたかった・・・残念(;u;)
そのかわり目が少し見えるようになったのか、私が口を尖がらせて「ホーホー」と言うと、口元をジッと見つめて「ホーホー」と真似して言うようになった。初めての芸!
少し前までは、寝るか飲むか泣くかだけだったのに、1ヶ月を過ぎたあたりから、日に日に出来ることが多くなっていく。
成長が早すぎてブログが追いつかない〜!!(笑)

母乳で育てるということ(4)

思い切って母乳だけ与えてみることにする。
母乳の難しいところは、目盛りがないところ。どのくらい飲んでいるのかがわからない。飲みながら眠ってくれれば、満足して眠ったのだと思えるのだけれど、いつもそうやって眠ってくれるとは限らない。
景都は、吸い付きもいいし、飲む意思も感じられるのだけれど、吸い付いたら離れない。飲むのをやめない。。そして、1時間おきくらいに泣いてしまった。
"母乳、もう出てません。いつもなら、このへんで哺乳瓶のミルクが出てくるんですけど・・・”と言わんばかりに、途中少し間を置いてジッとして、哺乳瓶ミルクが出てこなさそうな雰囲気を悟ると、また吸い始めるといった感じだった。
授乳の時間は、ほぼ20分程で完了する(片乳10分でタンクが空になる)らしいけど、景都は吸い付いたまま離れない。離すと泣く。やっと離れ眠ったと思うと、おしっこだウンチだといって泣くのでオムツ替え。そしてちょっとするとまた泣くから授乳といった具合で、それから、私も景都も睡眠不足の日々を2週間ほど過ごした。

その様子を常に見ている母に、
「そんなにお乳をやっても泣くのだから、足りてないんじゃない?ミルク足したら?」
「ダラダラ飲ませてないで、寝かせたら?」
「そんなにしょっちゅうお乳あげるのはよくないんじゃない?」
景都の湿疹の出ている場所から大豆のアレルギーかもしれないから、少しの間大豆を使った食品は避けた方がいいと言われたからそうしたいと伝えると、食事の度に、
「母乳に悪いって言われてる食事も、少しぐらい食べたって大丈夫だって。」
「こういうものも食べないと母乳が出ないよ。」
と言われた。
きっと母からすれば、もどかしかったり、私の体を気遣っての言葉だったのだろうけれど、初めての経験でどうすることがいいのかもわからないけれど、とにかく試行錯誤しながら、どうにか母乳だけでいこうとトライしている私には、どれもキツイ言葉だった。(これが実母だからまだいいものの、名古屋に帰ってからも、まわりから同じ事を言われると思うと怖い)

母乳で充分と聞いていたのに・・・どうしてかな。やっぱり足りてないのかな。。
再び母乳マッサージに行って聞いてみた。
母乳は赤ちゃんが飲んでお母さんの乳頭を刺激することで作られる。乳首ばかり吸われて、それが刺激になって母乳が作られても、赤ちゃんが奥からグイグイ吸い上げるようにうまく飲んでいないと、母乳は減らずに乳房内にたまったままになってしまう。赤ちゃんは充分に飲めずに満足しないのですぐ欲しがり、また授乳すると乳頭の刺激となり、さらに母乳を作る、といった悪循環になってしまっている。母乳が出てなくて足りていないのではなく、「不足感から泣いている」と言われた。
そこで、いろんな抱き方をしていろんな方向から飲ませてみるように勧められる。大げさに言えば、テーブルの上に赤ちゃんを仰向けに寝かせて、お乳を吸わせてそこを支点にしてグルグルと回るといいと(笑)
実際に景都を「おっぱいマッサージ」に連れて行って、方法を教えてもらって実行してから、1日1日と少しずつだけれど、徐々に2人に(景都&私)光が射し始めた。
誕生から1ヶ月を越えたあたりから、2人にリズムが出来始めて、景都にとって満足のできる授乳が少し出来てきたような気がする。
景都を私の体のまわりでクルクルと回転させ、抱く体勢をしょっちゅう変えて授乳しなくてはならないから、まるで中国雑技団のようではあるけれど、まぁよしとしよう(`∀´)
comments (14)

母乳で育てるということ(3)

ともだちと一緒.jpg

とはいっても、私も母乳で育ててみたいという希望は捨てたわけではない。
まずは、情報収集。地元の友達に聞いてみた。やはりひとりひとりパターンが違う。
そこで、出てきたのが「おっぱいマッサージ」という存在。
「おっぱいマッサージ???」
胸にはミルクが製造されるタンクのようなものがあって、そこからミルクが10〜20本もの細い管を通って集まり赤ちゃんの口に入る。これを乳腺(にゅうせん)というのだけれど、この乳腺はつまりやすくて、そういう時は手入れが必要なのだと。
はじめは、この沢山の乳腺にミルクが貫通するのを、この「おっぱいマッサージ」で助けてもらえるという。少し胸が堅くなって痛くなり始めていた私は、とにかく、母乳をどうやって与えたらいいもなのか、わたしの今の胸の状況はどうなのかを聞こうと思い、「おっぱいマッサージ」に行くことにした。

このおっぱいマッサージなる所は、助産婦さんだったり、個人のお宅に訪問して受けられて、家から30分ほどで行けるところに3件あった。だから、友人にどこで受けられるの?と聞くと町名と個人の名前があがった。
とにかく口コミで良いといわれる所を聞いて予約して、行ってみる事にした。

個人のお宅の一室で30分のマッサージ。
はじめは、少し痛かったけれど(乳腺が詰りかかっていたらしい)すぐに開通したみたいで水鉄砲のようにミルクが20cmほどピューピュー飛び出した。私は横になりながら、細い白いものが飛んでるなあーと思ったら、自分の胸からミルクが飛び出していたのね(`∀´)
まず、気になる私の胸の状況。
●量は母乳で充分やっていけるから、今日から母乳オンリーでトライをしてみよう。暫くは、欲しがる時に欲しいだけ飲ませてあげること。
●母乳は血液と同じ。赤ちゃんにそのまま送り込むのだから、食べ物に注意して。食べ物によっては、乳腺を詰りやすくするから要注意。お乳の質を良くする努力をしたほうがいい。赤ちゃんもおいしい母乳とまずい母乳では、美味しい母乳だと飲みっぷりが違う。
●私のお乳が固かったのと、線が開通していなかったから飲みにくくて、赤ちゃんの飲みが浅い。
●飲みが浅いとミルクが線に詰るという悪循環になる。

と診断された。
ほっほう〜、なるほどねー。母乳でいけそうと聞いた私は、今晩からチャレンジしてみることにした。
それから数日間、景都も私もあまり夜に眠れないことになるとは思いもせずに・・・(つづく)
comments (9)