オーリーの日記 雑貨屋マカロンTVブログ HOME 雑貨屋へ行く クリエーター ギャラリー お買い物 オーリーの日記 SITE MAP

MacaronTV blog

雑貨屋、Cafe、本屋、花屋、インテリアなどの名古屋のSHOP、クリエーターを紹介する雑貨屋マカロンTVの管理人オーリィのブログ。現在は育児奮闘中。ドタバタな毎日を記録。

<< April 2007 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

飛騨古川 壱之町珈琲店

はらはらと舞い落ちる桜の花びらが、まるで春の淡雪のように見えた昼下がり、私と母は二人で「飛騨古川(ひだふるかわ)」へ行くことにしました。

「飛騨古川」は私の地元の高山から車で30分ほどで到着。高校時代の友人も沢山いる町。でも考えてみたら、夜か、祭りの日にしか行ったことがなかったから、町のことをあまり知らない今があった。
町の中心を穏やかに瀬戸川が流れ、出格子の商家や白壁土蔵の造り酒屋が並ぶ町並み。毎年4月19日〜20日にかけて行われる『古川まつり(起し太鼓)
』(日中は華麗な屋台が町に曳き出され、からくり人形や子供歌舞伎を上演。19日夜には勇壮な起し太鼓が行われ、静と動のコントラストを繰り広げる)が終えたばかりの町は、とても静かだった。

川面につぎつぎと桜が舞い降りて、そして流れていった。少し前から降り出した春雨が奏でる静かな音に心がゆっくりと穏やかになるのを感じ、母といろいろなことを語りながらゆっくりと町を歩いた。母とこういう時間を持つのにはピッタリの町だと思いながら。

しばらく歩くと、私好みのカフェを見つけた。

b.jpg

「壱之町珈琲店(いちのまちこーひーてん)」

築100年の民家を改装した喫茶店らしい。隅々まできちんと手入れされていて、とても100年経った建物とは感じさせなかった。
土間を抜け店内に入ると、優しく暖かい気分にさせてくれるジャズの音楽が流れていた。

大きなテーブル席と、少し奥には靴を脱いで、中庭を眺めながらちゃぶ台でお茶を頂ける部屋があった。
私と母は奥の部屋で、少しくつろぎながら頂くことにした。

d.jpg

1999年に始めた、壱之町珈琲店は、炭火焙煎した珈琲豆を使ったコーヒーの少し苦めのスッキリした味わいが特徴。その他に、丸1日煮込んで作るカレー(¥700)も人気。そして、人気限定アイテムにメロンパン。1回に12個ずつしか焼けないから、もし行った時に食べられたらラッキー!という昔懐かしい風味のメロンパン(¥180)があるらしい。噂によると一日に1回しか焼かないという時もあるみたい。
それを求めて各地から足を運ぶ人も少なくない。

残念ながら私は、このラッキーメロンパンに出会えなかった。
これは、「また、古川に来てね。」ということなのかな。
これからも帰省の度に「壱之町珈琲店」が気になりそう。

そして、いつかラッキーメロンパンを食する。。。

e.jpg

※注:ラッキーメロンパンという名前ではありません。正しくは「メロンパン」です。オーリーが、勝手に言っているだけです。オーダーで「ラッキーメロンパンください!」と元気に言っても、「ラ?ラッキィ??・・」と言われてしまうよ
続きを読む>>
-

最近気になる番組

テレビが大好きな私は、寝る時間を惜しんでテレビを見る。
特に好きなのはNHKの番組。
NHKの番組制作部には楽しい番組を更に頑張って欲しいし、他局のように偏った報道をしないで欲しい願いも込めて、受信料は口座引き落としでキッチリ払っている。

最近見て興奮したのは、

熱中時間「マン盆栽」

パラダイス山元さんが創始者にして家元となり、日本はおろか世界を巻き込む密かな流行現象となりつつある『マン盆栽』の番組。遊び心いっぱいの『盆栽』の進化バージョン『マン盆栽』。
パラダイス山元さんは「東京パノラママンボボーイズ」「パラダイス山元と東京ラテンムードデラックス」「東京パノラマラウンジ」で多数CDリリースし、マンボの王様ペレス・プラードより生前「アーッ、ウッ!」の掛け声を伝授されたという日本のラテン音楽界を立派にリードしているパーカッショニスト、ミュージシャンで、本物の『マンボの人』でもあるのだ。
その彼が盆栽を仕上げていく様は、とても愉快で興味深い。
鉄道フィギュアでよく使われるのミニチュアドールを用いてそのドールたちの会話までもを考えながら配置していくのだ。このミニチュアドールは、私も大好きで、過去にそれ系の作品を作ったことがある。
山元氏が作る世界がドキドキと高鳴る鼓動と共に熱く共感できるだけに、たまらなくこの番組は素敵で輝いていた。15分だけど無理して見る価値アリ。

[次回の放送]
4/23(月) 深02:20→深02:35
NHK総合 趣味・園芸 熱中時間「マン盆栽」

マン盆栽作品集を見たい方はどうぞ。
日本マン盆教会栽新潟支部の皆さんの作品集です。 http://www.page.sannet.ne.jp/cafe-sunaba/mannbonsaisakuhin1.htm
続きを読む>>
-

本山 HULOTgraphiques

HULOT graphques.jpg

雑貨ファンを釘付けにしてやまないお店「HULOTgraphiques(ユロ・グラフィック)」。
本山を代表するPOPなカワイさがいっぱい詰まった雑貨屋さん。
これでもかと上にも下にも商品が並んでいて、ドキドキワクワクの連発です。
店内の細い通路をカニのように横歩きしながらアイテムを見ていると、どれも気になってほんの少しづつしか進んでいない自分がいます。ユロさんでの楽しい時間。。。。そして、名古屋で唯一マカロンTVのポスターが直接買えるお店でもあるのです。

ユログラフィック.jpg

現地に特派員を持ち、常に新しい情報とアイテムを直輸入されているので、日本では売っていないビバンダムグッズや地図、文房具、食器etc、そしてなにより手に入りにくいエアライングッズが充実していて、男女問わず大人気。
毎年1回、恒例で「エアラインフェア」も開催される時期があります。模型はもちろんパンフレットやステッカー、トレイや灰皿などのノベルティに、バッグ、Tシャツなどバラエティに富んだ商品が集まります。
時期は不定期だから、お店に通って情報をゲットしなくては!

フランスの楽しい雑貨がいっ.jpg
続きを読む>>
-

「安野光雅の世界」展 2

安野光雅「ふしぎなえ」より.jpg
安野光雅「ふしぎなえ」より

先日行った「安野光雅の世界」展での出来事。
彼の作品の中で”もりのえほん”という、森の木々が描かれている中にどうぶつたちが隠れているといったモノがあります。

展示会場ではその作品が10点ほどあり、1点ずつジッと見ておのおの探すわけですが、観に来ている人は多くて1点につき6〜7人くらいの人が見ているような状況でした。

「あの・・、だれか・・、ねずみは・・・どこにいるのでしょうか・・。」
1人の70代らしき男性がぼそっと口に出しました。
まわりで同じ絵を観ていた見知らぬ人達は軽く顔を見合わせて一斉に前のめりになって絵を見始めました。しばらくすると、

「ここに。」

ねずみを探し当てた人が、人差し指を遠慮がちに絵の中を指しました。
知らない人同士が軽く微笑み合い、空気が和みました。
そしてそのまま次の絵に移動。

暫くまた絵の中に隠された動物を探し始め、5つあるはずのところ4つほど見つけたあたりで、今度は私の隣の女性が口を開きました。

「カモシカはどこにいるのでしょう・・。」

またその場に居合わせた見知らぬ人たちは一斉に絵を見つめ探し始めました。
「あっ!ここ!」
元気良く教えてくれた小学生。声は出さないけれど、皆が安堵の様子。
そんな感じで5枚ほど同じメンバーで、安野光雅の”もりのえ”を観たのでした。
とっても不思議な時間。
ミョーな一体感と正解がわかったスッキリ感を共有し、次の絵に移っていったのでした。

私はそれを少し後ろで傍観していたのだけれど、そんな人たちを見ていたら、これこそ安野光雅の描く絵の中の人達の様で、美術館では珍しい光景でしたがなんだか楽しくなっちゃいました。
-

安野光雅の世界展

「オーリーは好きなんじゃないかと思って。」
お世話になっている方からチケット2枚を頂いた。

『安野光雅の世界展』

安野光雄の世界展.jpg

私が初めて安野光雅の絵を知ったのは、18歳の時。
とにかくミニュチュアの世界が好きだった。
モノを集めたりはしないのだけれど(限度が無いから)、小さなものを見ては自分でその世界を膨らませ妄想に耽る事が大好きだった。
安野光雅の絵の殆んどは、パッと見てすぐに状況がつかめない。
例えば、森のシリーズは、一見キャンバスいっぱいに森の木々が生い茂る様を描いてある様で、実はその中に鳥や動物がかくれている。騙し絵になっているシリーズがあったり、旅をした時にスケッチした絵の中には各国の情景と共にそこに行きかう人の生活までもがわかるかのように、ミニミニ人間たちが一人一人事細かに描かれているのだ。

はじめてであうすうがくの絵.jpg上の写真:はじめてのすうがくの絵本より 4歳から大人までという幅広い層向けの絵本

一枚の絵画を見ているだけで、妄想を膨らませて楽しむことができるのだ。
今回は、安野光雄さんのコメントもパネル展示で結構されていて、それと合わせてみていたら、あっという間に何時間という時間が過ぎていた。

会場を出る頃には少し気分が悪くなってしまった程、
私の体の中と頭の中は、異常にアドレナリンが大放出されていた。

縁あって今、安野光雅の楽しい絵に触れる、こういう機会を与えて頂けた事に感謝。勢いあまって、本を買いまくっちゃった(^u^)
続きを読む>>
-

やっと、ただいま。

オーリーは止まりなさい.jpg
ただいま〜。
3月中は、いろんな所でお呼びをかけてもらい走り回っていたら、家で腰をすえてパソコン(マカロンTV)に向き合う時間が無かった。というか、家にいなかった。
気づいてみれば、3月のブログなんて2回しか書いてないし(汗)
こういう時って重なるんですよね。頼まれるとNOと言えない私が引き起こした事態なんですけど(^u^)なにより、必要とされるって嬉しいことだし、お役にたてればそれも喜ばしいことです。
この時間もわたしにとって貴重な時間だったのだと思っています。
[毎日このブログやマカロンTVを覗いてくれてた方は、ほんとすみませんでした。期待を裏切らないよう張り切っていますので遊びに来てね(>u<)]

4月は人に会ったり、マカロンを充実させたり、思い切ってリニューアルなんかも進めちゃいたい気分であります(`∀´)vまた、大きく出た!!

マカロンTVもようやく一年を迎えました。
その記念すべき日もあっという間に過ぎていました。
去年の今頃このサイトを立ち上げた時よりは少しはパソコンにも慣れました(笑)ページを作ったりするのも、少しは前より早くできるようになったし、ほんのちょっとだけ成長出来た様に思えます。

今日、こうやって家でやっと過ごせてマカロンTVに向きあえた時に、やっぱり嬉しい気持ちでいっぱいです。
よーっし、張り切っていくぞ〜。
桜もいっぱい咲いてて風も気持ちがいいし♪
まずは景気づけに花見といかねばっ。ひゃっほい♪

やっぱり出ていくんかい・・・    はぃ・・景気づけなんで・・ちょっとだけ。

春.jpg
-