オーリーの日記 雑貨屋マカロンTVブログ HOME 雑貨屋へ行く クリエーター ギャラリー お買い物 オーリーの日記 SITE MAP

MacaronTV blog

雑貨屋、Cafe、本屋、花屋、インテリアなどの名古屋のSHOP、クリエーターを紹介する雑貨屋マカロンTVの管理人オーリィのブログ。現在は育児奮闘中。ドタバタな毎日を記録。

<< April 2008 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

美味 サーターアンダギー

サーターアンダギー.jpg

先月訪れたリトルワールドで買った”サーターアンダギーの素”で、かぼちゃのサーターアンダギーを作った。(説明:サーターアンダギーとは、沖縄のドーナツとして愛されており、おやつとしてだけでなく、祝事や祭事でもおなじみのお菓子で、まさに島人の味覚に育まれてきたドーナツ)

簡単に出来る!と書いてあるし、ちゃんと書いてある通りの材料で、説明書どおりにやったのに、作る過程はとてもお菓子作りとは言えない、両手が材料の生地でベトベトになり、まるでドロンコ遊びをしているか状態になってしまった。もちろんここから自分自身で揚げることは難しいので、助っ人として母を呼び、私の指の辺りに小さく集めた生地を、箸で指ごとつまんで指先に滑らせどうにかまとめたものを、そのまま油の中に落として揚げて貰う事となった。
「このまま、あなたの手を油の中に入れて揚げた方が早いくらいね。」
と言いながら声高らかに笑う母を横目に、私は苦笑しながら最後までドロンコ遊びを続けた。

ようやく終了し、見た目は少し不恰好だけど、サーターアンダギーが完成。
味は・・・・・「とても、おいしゅうございます!(自己評価)」
父にも相方からも好評の札が上がり、”早くまた作って欲しい”とのリクエストまで貰えた。
大好きなサーターアンダギーを、家で作って食べられる幸せを味わってしまったから、ぜひまた作りたい!と思ったが、またあのしつこい生地と格闘をしながら作る勇気は無いので、サイトでもっと調べてから再チャレンジしてみたいと思った。
何より、こんな風に「あーでもない、こーでもない」と笑いながら、母とお菓子を一緒に作る時間を持てた事がとても楽しかった。
続きを読む>>
comments (9)

ふるさとでも桜満開

飛騨高山.jpg

2週間程前に里帰り出産の為、地元の飛騨高山に帰ってきました。
高山に近づくにつれ気温はぐんと下がり、道の脇には未だ雪が残っていました。山の木々達も茶色い枝だけの冬景色の中、桜のつぼみは小さく固くて、まだ春の訪れを実感できないくらいでした。

春の高山祭り(4/14・15)の頃に、その頃固かった桜の蕾は少しずつほころびかけ、ようやく昨日くらいから満開となりました。

桜がポンポン.jpg

樹齢の長い桜の木が多い町なので、保存樹として大きく伸びた枝に、大切に添木がされているものを、あちこちで見ることが出来るのですが、沢山の桜木の下で地元の人がバーベキューなどするスポットがあるのでご紹介します。

「高山」というと宮川の赤い中橋(はじめの写真)の場所がクローズアップされるのですが、その宮川沿いをずっと下っていくと「万人橋」に辿り着きます。その橋下にほどほどに整備された公園があります。そこは観光雑誌等にも取り上げられない川沿いの小さな広場で、横に上にと大きく枝の伸び、元気よく花の付いた桜の木が密集している場所。地元の子供達がよく遊んでいます。

万人橋公園.jpg

そこの桜は、古い町並みの場所からは少し離れているので、趣があるといった感じでは無いのですが、とても心和む場所になっています。
街中では無理であろう、子供達の木登りもこの場所ではよく見られます。
写真のように、こんなに沢山の子供達が登れるような桜の枝をもった桜が、ずらーっと、あまり間隔もあけずに並んでいる様は、桜の花のアーケードに包まれる感覚です。
続きを読む>>
comments (14)

リトルワールド

リトルワールド.jpg

愛知県名古屋市から1時間くらい車で走った所に犬山市があります。
そこに「リトルワールド」という野外民族博物館があります。
1周2.5kmの周遊路に沿って、世界の民家を移築・復元、建物だけでなく、食べものや飲み物なども随所で販売されていて異国情緒を楽しみながら周れるところなのです。

中学生の時に学校で連れて行ってもらったことはあるのだけれど、ほぼ覚えていなかったから、リトルワールド奉行のstrip eggさん(樹脂作家)に事前にいろいろ聞いて行った。まず、チケットは金券ショップで買うと安く行くことが出来るという情報をゲット。通常大人¥1600のところ¥880で入手出来た!これでリトルワールド内で食べ物がひとつ多く食べられるね♪とご機嫌になる。ちなみに車で行くと駐車場は一日¥800。食べ物や飲み物の持ち込みOK。園内の至る所にベンチや机があるから家族連れは、ハイキングのようにお弁当を広げたりもしていた。

沖縄県石垣島の家から.jpg

天気は晴れだったけど、風がビュービューと吹き荒れる日だったから、いろんな国の冷たい飲み物や食べ物が販売されているのになかなか足が向かず・・。
でも、一番初めの沖縄の家でサーターアンダギー(沖縄のドーナツ)の揚げたて5コ入り(¥300)をさっそく買い、ほおばりながらスタートした。
アツアツのアンダギーはとっても美味しくて幸せ♪♪
続きを読む>>
comments (6)