オーリーの日記 雑貨屋マカロンTVブログ HOME 雑貨屋へ行く クリエーター ギャラリー お買い物 オーリーの日記 SITE MAP

MacaronTV blog

雑貨屋、Cafe、本屋、花屋、インテリアなどの名古屋のSHOP、クリエーターを紹介する雑貨屋マカロンTVの管理人オーリィのブログ。現在は育児奮闘中。ドタバタな毎日を記録。

<< March 2011 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

1ヶ月検診 

知里の1ヶ月検診報告

身長 : 53.3cm ⇒   56cm (+2.7cm)
体重 : 3935g  ⇒ 5185g  (+1250g)

おっぱいノムー.jpg

生まれて4日目から完全母乳にして、足りているかな〜と心配していましたが、ありがたいことに十分のようです。顔も丸くなって2重アゴに。腿にもおニクがついてきました。
それにしても、赤ちゃんのこの1ヶ月の成長には驚きます。チサトは1ヶ月で、身長が3センチくらい伸びて、体重がもう5キロです(笑)
母乳の出がいいので、知里は、んーんーんーんーんーっ (=`д´= ;)て言いながらアップアップして飲んでいます。
飲み終わったあとは、んーーーーーー(´□`;)と大きく一息。
まだ、小さい知里には量も出も多すぎるんだよね、ごめんごめん(ノ∇≦*)

満腹.jpg

泣き声は大きくて、よく泣きます。オムツはもう新生児サイズじゃなくSサイズです(早ッ!)
お風呂は全身脱力して瞑想タイムに入っているかのようですw。
赤ちゃんてみんなお風呂すきなのかなー。ケイトンもそうだったもん。
まだ見えていないとは思うけど明るいものだけでなくて、動くものを目で追うようになり、それに合わせて首も回すこともしはじめました。
今日は、ひきつり笑顔ではない笑顔をみんなで見ている時に振る舞って、みんなを笑顔にしてくれました。
3日前から、お話しするようなウーウーという声を少し出すようになって、ケイトンとアーアーウーウーとお話しているようです。
キックが強くて、気付くと布団が全部足元に。まだ雪のちらつく高山では、油断ならぬ行為、夜中も何度も掛けなおさないと心配。
この猛烈キックでお腹の中でも私を蹴っていたのね・・・

6.jpg

チサトをなんて呼ぼうか悩み中。案を募集します(^0^)
comments (20)

チサト:1ヶ月

ブログ写真.jpg
comments (12)

東北地方太平洋沖地震から1週間

はじめに・・・
このたびの東北関東大震災で、被害に遭われた皆様には心よりお見舞いを申し上げます。ご自身、ご家族、お知り合いの方皆様のご無事をお祈りしております。TVで皆様の状況を目にする度に、大変な苦痛に耐えてみえることを、ただただ心配することしか出来ず、いたたまれない想いでいっぱいです。まだ不安は尽きないと思いますが、どうか気を強く持たれて、今を忍んでくださることを強くお祈り申し上げます。

もう、震災から1週間になりますね。次元は全然違うけれど、高山での地震を記しておきたいと思います。

高山では、この1週間で何度か震度4くらいの地震と1〜3くらいの地震が頻繁に起きました。震源は長野県だったり岐阜県の飛騨地方だったり。

はじめは2月末。知里を産んで病院に入院していた時に震度4を体験しました。
深夜2時に、建物が横に円を描くように大きく揺れた。余震が20回近く起こり朝5時にも大きな揺れが。それからも3日間何度も余震が。
ナースステーションに預けていた知里を思わず迎えに行った。逃げる時には一緒にいたいと思った。
ナースステーションはビルの警備の緊急のサイレンが鳴って、電話も鳴り、バタバタしていた。そしてまさに分娩している人もいた(@0@;)

家に戻ってから携帯や地元の放送からの緊急地震速報のサイレンを、初めて体験しました。そういうのがあるのは知っていたけど。
早朝まだ、外が暗い時間に授乳していました。急に父のau携帯から奇妙な聞きなれない音が鳴り続け、近くの学校から放送でサイレンが鳴り大きな地震に備えるよう指示がありました。
両親と慌てて準備を。まだ、雪の降る高山なので、自分たちに加え知里とケイトンに着れるだけの服を着せ、二人分のオムツやお尻ふき、タオル、財布、携帯。。など。
みんなが、避難できる状態になったのは、サイレンがなってから20分後のことだった。結果、その後地震はこなかったけれど緊迫した避難訓練になった。
寝ているところを無理やり起こされて、みんなが慌てて動いて強引に服を着せられ、バナナを食べろと強要され、泣きじゃくって嫌がるケイトン。それでも、なりふり構わず準備を進める家族にケイトンは怒る怒る。
私一人だったら、首のすわらない知里を抱き、この状態のケイトンを連れ出すことは難しかった。もちろん荷物は何も持っていけない。
名古屋で、同じ状態がおきたら・・・と考えたら、恐ろしい。

次の日も同じくサイレンが早朝になった。
前日と同じく準備をしたけれど、8分かかった。ケイトンも前の日に”地震”を話したから、この時は協力的に動いた。
でもこれが、地震震源地だったら準備している時間もないから、何も持たずとにかくチビ二人を抱きかかえて、寝ていた服のまま飛び出していかなくてはならないけど。。
わかっていてもなかなか準備をしていなかった避難用品、今、全国で起こっている深刻な状況を見たり、身をもって体験して、何が必要で、どうしたらいいかを考えながら準備しておくきっかけとなった。

みんなは何か準備してる?対策しておくといいことってある?チビを連れていく時にこうするといいとか、もし知ってることがあったら教えてください。
comments (17)

イヤイヤ時期の再来

chisato.jpg
たっくさんのお祝いコメントありがとうございます(゚ーÅ) ホロリ
すごくすごく嬉しい気持ちでいっぱい★です。これは、知里の誕生の記念に、大事に保存させてもらお♪♪

出産からあっという間に1週間が経ちました。実家に帰ってみると・・・
ケイトンのイヤイヤ&ダメダメ時期の再来( ̄Д ̄;) ガーン
覚悟はしていたものの、かなり手怖い子怪獣ケイトン。
知里には優しいケイトン。知里が泣いていても、そのままほかってケイトンの相手をしていると、「赤ちゃん泣いてるから、ママおっぱいやって。」と言ったり、音の鳴る人形であやしてくれたり。とりあえずこれには、とりあえず助かりました。
でも、ほとんど教えてくれる様になっていたトイレでの用たしは、出来なくなっていた。入院中、じぃじやばぁばとも行ける様になっていたらしいのだけど、私が帰ってきたら私とじゃないとトイレに行かない。私は付き添うが、長時間寒いトイレで粘り最終的には出ない・・。前までなら、「残念、またこようね。」と言っていられたけれど、まだ数日しかたっていない産後の身体には、この寒さや待つ時間が痛くしみた。しまいには私からオムツでしていいよ。なんて言っちゃった。
ご飯の時、遊ぶ時、眠るときなど一日中ほとんど、いつも”ばぁばイヤ、じぃじダメ、ばぁばこないで”などという言葉を連発し、寄せ付けない。父は、うまく流すが、母には厳しいらしい。ワガママいい放題。はじめはお互いに苦笑いで済んでいたけれど、だんだん母にも疲れの色が。こないでっていわれると何もできないのよ。そういわれると私がするしかない。
私にはいいけど、お世話になっている身で、ぬぁんてことをーーー!(; ̄□ ̄A アセアセ
優しく接してくれているのに、暴言を吐きまくり、なにかと嫌がるケイトン。母との会話をきいていてその後の顔を見ていると、私もほかっておくことが出来ず、昼間も2.3時間以外はほとんど起きて知里の頻繁なる授乳やオムツ替えに加え、ケイトンの相手をしている状態。
今は、知里への授乳がどうにか落ち着いてきて、彼も眠ってくれるようになったからその分少し楽になったけれど。
ケイトンは自分が眠ると、その間に私がいなくなってしまうのではないかと思っているらしく、なかなか寝ないで夜も12時近くまで起きている日々が続いた。
私もへとへとになりかけていた頃に、相方くんが高山に来てくれた。
すっかり人の変わったケイトンの様子を知らせてはいたものの、
「結構、思っていたより手ごわいケイトンだねー。」と笑って言った。
「でしょう?(^▽^;)」
ケイトンが寂しいからだろうと、みんなが優しく気を遣って接するから、どんどん怪獣ケイトンは大きく膨らみ強さを増していくヾ(。`Д´。)ノ彡!!・・・

1日の滞在で帰って行く相方くん。
ケイトンは、相方に抱っこされ「ケイトンもパパとオチゴトにいくぅ〜!パパといっちょにおべんとたべるぅ〜(/□≦、)エーン!!エーン!!」と抱っこされたまま暴れて泣き叫ぶ。相方もケイトンとの別れを惜しんでいた。
私は、そんなケイトンを見ていたら泣けてきた。涙がホロホロと止まらない。
「ケイトン、ママ泣いてるよ。ケイトンがいなくなると寂しいってさ。」
そう言われて、振り返り私を見たケイトン。
すぐに抱かれていた相方から降りてきて、私のところに来た。そして、
「パパ、いってらっしゃい。オチゴトがんばってね。」
そう言って、笑顔で相方を見送った。

それから何日も経っていないけど、彼なりに葛藤しながらいろんなことを順調にこなして、私や両親へのアタリも少し柔らかくなった。
そして、あの夜から私に「ケイトン、ママをおいてかないで。ママさみちいから。って言って。」と強制するようになり、それを私が言うと「だいじょうぶ。ケイトン、ママのいちばんちょばにいるから。」
と言うように。
自分がママの傍にいてあげなくちゃという使命感のようなものや、自分が必要とされているといったことを強く意識したんだろうな。
確実に、少しづつではあるけど、ケイトン変わってきてる。

毎日何度も、あの日言った「ケイトン、ママをおいてかないで。ママさみちいから。って言って。」と言われ、言わされているのだけど。
(● ̄▽ ̄●;)

うんうん、ケイトン。ママはあなたがいないと寂しいし、きっとすごくつまらないわ(笑)
産後の身体に鞭打って、かぁちゃんがんばるよ。・゚((T◇T゚)゚・。 
や、やすみてー!!(笑)

写真は、パンダの子守りをするケイトン↓
keito.jpg
comments (10)