オーリーの日記 雑貨屋マカロンTVブログ HOME 雑貨屋へ行く クリエーター ギャラリー お買い物 オーリーの日記 SITE MAP

MacaronTV blog

雑貨屋、Cafe、本屋、花屋、インテリアなどの名古屋のSHOP、クリエーターを紹介する雑貨屋マカロンTVの管理人オーリィのブログ。現在は育児奮闘中。ドタバタな毎日を記録。

<< July 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

予想外のシュタイフ博物館 ドイツ8

アルガーテ・シュタイフ博物.jpg

ツアーの中に、テディーベアを作った「アルガレーテ・シュタイフ博物館」の観光半日というプランが盛り込まれていた。
あまりテディーベアに興味の無かった私は、「このコースは要らないでしょうー。」とツアー仲間の女の子達とバスの中でもぼやいていた。今日はとてもいい天気で青空も広がり最高の観光日和に、なぜにクマを見に行かなければならないかと。

到着した場所は、周りにはあまり観光地らしい物はない片田舎のようだった。博物館は、つい最近リニューアルしたばかりでまだあまり知られていなくて、他のツアーでもきっとコースには組まれていないでしょうと説明があった通りあまり人もいなさそうだった。

逆にのびのびできるのではと気持ちを切り替えた私は、博物館に入る時間まで少し館の周りを歩いてみることにした。
ん??目に飛び込んできたのは、駐車場を案内する看板。なんだか、カワイイ!そして案内図などのデザインがとてもキレイで素敵なのだ♪
近くに建っている家らしき建物も雰囲気があって惹かれる♪
さっきまでのぼやきがうそのように飛んで上機嫌になりはじめた頃、入館の時間がきた。

中は、20人くらいずつ進むようになっていて「海に沈んだ3000体のテディーをみんなで探しに行こう」のお話にそって、アミューズメントパークのように説明を聞きながらどんどん先に進んで行くというシステムになっていた。

シュタイフ社のぬいぐるみ達.jpg

クマのぬいぐるみばかりかと思ったら、あらゆるぬいぐるみがワンサカと現れた。どれも夢があってカワイイだけではない愛くるしさを持ち、こちらにズンズン歩み寄ってくる。
私は、あれよあれよという間に、そのぬいぐるみの世界にどっぷりハマっていった。。。ハッと気づくと、口をポカンと開けて小さい子が夢を見ているかのようだった。

我を忘れる.jpg
思いの他、おおいにはしゃぐオーリー

ストーリーが終わり、後は好きなだけ館内の展示を見てくださいということになった。我を忘れて、ぬいぐるみと戯れた。。

そういえばストーリーの一場面で、クマ達が世界のいろんな国の衣装を着てその国を少しずつ紹介しているようなところがあったのだけれど、日本は何故かプレイステーションや漫画、アニメーションに登場するキャラのフィギュアなどが畳らしきボードの上に置かれ、異色を放っていた。
ドイツから見て、日本てこういうイメージ??少し複雑な気持ちになった。

ドイツでの日本のイメージ.jpg

帰りにはツアーの仲間全員が、シュタイフ社の紙袋を下げていた。
もちろん私も、購入してしまった。
あんなにブーブー言っていたのに、しまいには「この子と目があったのー」とか言いながら(^−^;)
世界限定のテディーベアをゲットしてきました。

テディーベアができるまでのお話しはこちらから
続きを読む>>
-