オーリーの日記 雑貨屋マカロンTVブログ HOME 雑貨屋へ行く クリエーター ギャラリー お買い物 オーリーの日記 SITE MAP

MacaronTV blog

雑貨屋、Cafe、本屋、花屋、インテリアなどの名古屋のSHOP、クリエーターを紹介する雑貨屋マカロンTVの管理人オーリィのブログ。現在は育児奮闘中。ドタバタな毎日を記録。

<< June 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ハイデルベルク城 ドイツ6

ハイデルベルク城.jpg

ハイデルベルクに着き、早速丘の上に聳え立つ、この街のシンボル「ハイデルベルク城」へ。その褐色の荒城の全景を目にした時の衝撃はとても大きかった。

<簡単にハイデルベルク城のご案内>
この城は1300年頃に起工されて以来、ヴィステルバッハ家の居城として代を重ねながら拡張されてきた。それから代々の王がその時々の流行の建築様式を取り入れて建てていき、出来上がった建物に自分の名前をつけている。王の権力の象徴であり、同時に彼らの芸術意識の表現でもあった。
その後、30年戦争で城も町も旧教側の軍隊によって破壊され、1689年にはオルレアン継承戦争でフランス軍の砲撃と火薬を仕掛けての爆破により見る影もなく破壊された。現在もこの時の破壊の跡は残してある。
その後改修工事が行われていたのに、落雷によりハイデルベルク城は再び炎上してしまい、こうやって何度も建て直せないのは天命だからだと考え、修復工事は中止されてしまう。
幸い第二次世界大戦では戦火を免れ、19世紀になり、城の全面的な再建は行わないにしろ現存する建物を保存する形での再建が行われ、今も多くの有名人や観光客に愛されていにしえの姿を伝えつづけてている・・。

城内の様子.jpg

初めて見る異国のお城。
難しいことはあまりよくわからないけれど、お城の中にある門をはじめ色々な物にひとつひとつストーリーがあって、それも一緒に語り継がれている事がとても面白かったよ。

■エリザベスの門
エリザベスの門.jpg

別名「一夜の門」と呼ばれる。
ルードヴィッヒ5世が、最愛の妃エリザベスの為にたった一晩で作り上げた門。
この庭はエリザベスのお気に入りの散歩道で、彼女は毎朝ここを歩いていた。
誕生日の朝、いつものように散歩をしていると昨日までなかった門があり、
それが妃を驚かせ喜ばせるために造られた王からの誕生日プレゼント。
この時代の政略結婚としては珍しく、大変仲のよい夫婦だったらしい。
そんな二人にあやかりこの門をバックに写真を撮ると、恋人同士なら結ばれ、夫婦ならいつまでも幸せに暮らせるそうである。逆から門をくぐると・・別れられるとか、そうでないとか。おそろしやおそろしや。
続きを読む>>
-